GT6 :  なんとかドリフトトライアルを 

シーズナルイベントでドリフトトライアルがたまに配信
されてくるのですが、私は実車ではもちろん、GT6でも
ドリフトできた試しがありませんでした。

スライドが始まったと感じると、さっとカウンターを
大きく当ててすぐ戻し、体制を立て直す癖がついていて、
どうにもスライドしている状態を保てません。

どうやったらいいのかなあと悩み考えながら、
ホイールベースが長い車のほうがスピン自体しにくい
だろうと考えて、見た目で長そうなR33GT-R N1を
入手してドリフトトライアルへ!

R33GTR_N1.jpg

FR車だとすぐスピン状態になってしまうけど、4WD
車ならそうでもないようです。コンフォートソフト
タイヤを使い、ちょっとパワーを上げて400ps程度に。

大きくアウト側から「ちょっと原則終わるのが遅い?」
と思うところまで使ってきっちり減速し、そこから
一気にステアリングを切り込むと滑り出し、車体が
内側に巻き込み始めます。

車体がコーナー出口の方向を向いたらアクセルONし、
ステアリングもほぼ中立に戻し、巻き込んだ状態の
まま車が進んでいくと、そこそこそれっぽい
見た目で曲がれることがわかりました。

エボとかGT-Rなら、ステアリングを向ければ
車体が勝手にそちらへ向いてくれるので、それを
利用すればそれなりにはなる感じです。

まだまだスピンしたりスライドを保てていないけど、
ゴールドを取得できたのでよかった。
さて、今晩の体重は 78.1kg でした。

[ 2016/11/04 22:47 ] GT6 | TB(0) | CM(0)

GT6 :  ラグナセカで苦戦 

一通りゴールドトロフィーを採ってしまい、しばらく放置していた
GT6ですが、また遊びたい欲が湧いてきたので久しぶりにシーズナル
イベントを遊んでいました。

レースカースーパーラップというもので、PP500でラグナセカを
1:28 以内で走ればゴールドトロフィーがもらえるほか、
オンラインランキングも付きます。

ラグナセカ・レースウェイ

最初はS15シルビアのツーリングカーで挑戦していたのですが、
頑張っても頑張っても1:29台からタイムが縮まらず・・・。
PP500なので300馬力ちょっとになるのですが、ターボだけ
あって中高回転でパワーが出るため、立ち上がりでアクセルを
踏みすぎてよろけたり、踏まな過ぎて加速が残念になって
しまったりと苦戦しました。

いっそのことNAのほうが使いやすいかも?と思ってメーカーを
探し、ホンダにあったS2000耐久レース仕様(GT6オリジナル)
で挑戦したところ、高回転域にパワーバンドが寄っている
代わりにトルクの出方がわかりやすく、個人的にはこちらの
ほうが走りやすかった。

たぶん20週くらいはしたと思いますが、無事に1:27台を出して
ゴールドを入手できたのでした。

さて、今晩の体重は 79.1kg でした。


[ 2016/09/26 22:05 ] GT6 | TB(0) | CM(0)

GT6 :  ルマン24minクリア! 

前回試した結果、ピットイン2回でレーシングソフトタイヤを
ガンガン使いながら走ることで勝機が見えてきたので、
今日も同じ方針でSクラスのルマン24minに挑みました。

トラクションコントロールやアクティブステアリングなど
アシスト機能はすべてOFFで挑戦していると、変に減速が
入らないかわりにたまにミスしてしまう。
ちょっと草食い状態になってしまったw

GT-One_20160109194010d69.jpg

あと50秒!というくらいでピットインするのですが、前回は
ここで何も考えずに90リットルくらいの給油を行って10秒
くらいのタイムをロスしていたので、今回は32リットルで
およそ3分の1くらいに燃料計がなるよう給油。

1週ならこれくらいで十分ですけど、なぜかNPCたちは
当初の私と同じように燃料を満タンに入れていたらしく、
大体12秒くらい遅れてコースに復帰してきました。
直線だと追い付かれてしまうけど、インフィールドなら
互角の勝負になるので、あせらず走って無事勝利!

やっとGT6で全クラスのスターを獲得できた(*´Д`)

ここから余談。昨年、お台場のMEGAWEBで見た
GT-Oneはこんなだった。

GT-One.jpg

ゲームではコースアウトして汚れてしまったので、
現実で展示されているほうがよく手入れされて
つやつやできれいだ。

さて、今晩の体重は 74.8kg でした。

[ 2016/01/09 19:49 ] GT6 | TB(0) | CM(0)