お勉強 :  iOSから共有フォルダ 

会社から、夜間とか休日の緊急対応用ということで
iPhoneを支給されており、VPNで会社ネットワークに
接続して仕事ができるようになっています。

基幹システムはWebブラウザベースで動くのでiOSの
Safariでもまぁまぁ問題なく使えていたのですが、
対応用の資料がWindowsサーバーに保存されており、
そこではCIFSで共有フォルダが作られていたので
Safariのみではアクセスできませんでした。

純正だと共有フォルダを開けるような方法やアプリが
見つからなかったので、App storeでいろいろと探す。

「共有フォルダ」だと写真を共有するアプリとか、
違うものがたくさんヒットしてしまって意図したものが
見つからず。「cifs share」で海外のそういうアプリが
あるかな?と思って検索したらあった!
Remote File Manager Free というもの。

ファイルサーバーのFQDNなどなどは知っているので、
これをアプリ上で登録しておき、VPN接続した状態で
試したらうまいこと共有フォルダを開くことができました。
日本語もきちんと表示されていて、これまた別途インス
トールしておいたMicrosoftのOfficeアプリでExcelの
シートなども確認できるので、手間がかかるのと
見にくさはあるものの、それなりに仕事ができる状態に
なりました。

さて、今晩の体重は 75.6kg でした。

[ 2015/10/13 21:46 ] お勉強 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する