お勉強 :  robocopyで油断した 

windowsのコマンドラインツールで、ファイル単位のバックアップや
同期にかな~り便利なrobocopyというものがあります。
今日職場のファイルサーバーが不調になってしまい、取り急ぎ
データを退避しておこうとrobocopyを使い始めました。

共有フォルダがいくつかあり、robocopyのパラメーターでは
「送信元に共有フォルダを指定できる」とヘルプに書いてあり、
送信元に「\\サーバーIPアドレス」とだけ書いておけば全ての
共有フォルダをコピーしてくれる。

・・・と思っていたら大間違いだった( ゚Д゚)
指定できるのはあくまでフォルダ(ディレクトリ)らしく、
「共有を有効化ている機械自体」を送信元や宛先として
直接指定することはできないのだった。

仕方なく、40くらいあるフォルダ名を一覧でテキストエディタに
コピーして、正規表現置換でrobocopyコマンドにあてはめて
バッチファイルを作り、共有フォルダごとに1つのrobocopy
コマンドを使う事で対応したのでした。

何とかなったからよかったけど、データ量も多かったので
帰宅するのが21時になってしまった。
さて、今晩の体重は 74.4kg でした。

[ 2016/02/03 23:41 ] お勉強 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する