日常 :  転倒防止スイッチ 

母親の部屋へ貸していた電気ストーブの電源が入らなくなった!
と言われたので「ついに壊れたか・・・」と思っておりました。
数千円の安いものだけど一応国内メーカーのもので、4シーズン
くらいは使っていた気がします。

でも可動部はスイッチくらいだし、まったく電源が入らなくなる
のかな?とちょっと疑問に思っていたら、そういえば電気や
灯油を問わず、ストーブ類には転倒したときに消化できる
仕組みがついているのを思い出した。

昔から使っている灯油ストーブは外側に小さい振り子の
ようなスイッチがあったり、自室で使っている赤外線パネル
ヒーターは裏面に復帰ボタンがあったりするので、その
電気ストーブにも何かあるのでは?と考えた。

実物を見てみると素直な作りで、底面に押し込み型の
スイッチが付いていて、これがいくらか浮いて戻ると
「揺れた!」と検知して電源を切ってしまうらしい。
確かにここ最近で、近所のコンテナルームの工事を
していて、コンテナを降ろすときの振動でドン!と
揺れることはあったので、その影響かもしれません。

おかげでストーブはまだまだ使えることがわかりました。
さて、今晩の体重は 74.8kg でした。

[ 2016/03/02 23:08 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する